眼の下のクマ改善方法|中目黒の小顔矯正・カイロプラクティック

小顔矯正・美容矯正 CRAFTカイロプラクティック整体院

東急東横線・日比谷線「中目黒」駅徒歩1分

  • LINE
  • メールでご予約
営業時間(最終受付) 平日11:00-21:00 /土日11:00-18:00 定休日:祝祭日
03-6452-285803-6452-2858
施術中は電話に出られない場合がございます。

新着情報

眼の下のクマ改善方法

2016.03.29

クマ

眼の下のクマが気になる・・・・

そんなお悩みも多いです。

クマには3種類あります。

①黒グマ
悩んでいる方が多いのはこのクマです。
これは眼窩脂肪(涙袋)を支える皮膚の繊維がたるんで、影が濃くなるのが原因です。

黒クマのケアはコラーゲンを強化して、たるみを改善することがメインのケアになります。
※コラーゲンサプリは効果ないみたいです。

②茶グマ
小さなシミの集合体や、お化粧を落とす時などにこすることによる色素沈着や角質肥厚などが原因
どれもメラニン色素が関係しているのでシミ対策と同様のケアが必要です。

茶クマの正体はシミなので、美白成分が有効です。

③青グマ
最も一般的なクマが青グマで、目の周りの毛細血管の血流が滞ることでできるクマです。
寝不足や不規則な生活による疲労やストレス、体調不良や眼精疲労、ドライアイなどが「血行不良」を誘発して発生します。
目の周りの毛細血管の血のめぐりが悪くなると、黒ずんだ血がたまってうっ血し、皮膚が薄い目の下は青グマとして目立ってしまうのです。

【こんな方はなりやすい】
・生まれつき皮膚が薄いこと
・生活習慣(寝不足、不規則な生活)による血行不良
・疲労・ストレスによる血行不良

マッサージは、両手の薬指にクリームをたっぷりつけ目の内側から外側のこめかみ、まぶたから外に円を描くように行います。
これは当院に小顔矯正でいらした方にはお伝えしていますが、保湿クリームを塗る時がお勧めですね。

血液を流すイメージで 目頭の下 → 下まぶた → こめかみ → まぶた → 目頭 → こめかみ の順番にチューブを押し出すように血流を促す動きを3回行なってください。

この時、皮膚を無理に引っ張ったり摩擦しないよう気を付けて下さいね。

また、ホットタオルを目の上にのせてリラックスする事もおすすめです。

 

ご予約はこちらから

ホットペッパービューティーからWEB予約(当日予約OK!)
メールでの予約

お電話:03-6452-2858(施術中は出られない場合があります)

ページの先頭へ